ラオスにいったい何があるというんですか?

旅をしている人にだけ見えてくる風景がある。そこには特別な光があり、特別な風が吹いている――ボストンの小径とボールパーク、アイスランドの自然、「ノルウェイの森」を書いたギリシャの島、フィンランドの不思議なバー、ラオスの早朝の僧侶たち、ポートランドの美食やトスカナのワイン、そして熊本の町と人びと――旅の魅力を描き尽くす、村上春樹、待望の紀行文集。

あの村上春樹氏の紀行文集。アメリカはニューヨーク他、アイスランド、ギリシャ、ラオス、イタリア、そして日本の熊本編がある。ラオスにいったい何があるというんですか?