台湾行ったらこれ食べよう!

(台湾行ったらこれ食べよう! 地元っ子、旅のリピーターに聞きました。)日本人にもなじみの深い定番料理はもちろん、「四神湯」「下水湯」「油飯」など名前を見ただけでは想像もつかない(けれども美味!)料理や、見た目はイマイチでもとってもおいしい料理など、台湾通や地元の人たちが本当に愛する料理を厳選してご紹介。さらに「このスープを飲むときはテーブルの上にある酒を入れてアレンジする」「このご飯を頼む場合はこのスープと組み合わせるのが定番!」など、現地の人の食べ方のポイントも料理ごとに掲載。
(台湾行ったらこれ食べよう! 駅弁・鉄道旅編: 台北だけじゃない、もっとディープな旅へ。)駅弁――それは、台湾鉄道旅行の必須パートナー。箱にギュッと詰まった台湾らしさ。人気のものは営業終了を待たずして、完売御礼。同じメニューでも鉄道局ごとに具が微妙に違ったりすることや、駅弁の裏に潜むこだわり・ストーリー、それを食べにだけでも行きたいご当地駅弁の情報も!さぁ、そんな旅情をぐぐっとかき立てる「駅弁」片手に、台北を飛び出してみよう!
(台湾行ったらこれ食べよう! 甘味編: 地元っ子、旅のリピーターに聞きました。)台湾はグルメの宝庫! 小籠包、魯肉飯、カキオムレツ―美味なるものが目白押し。しかし! 実は台湾は「甘味の宝庫」でもあるんです。滑らかさと優しい甘さが人気の豆腐系スイーツ「豆花」、今や戦国時代、おいしい&かわいいであふれる「パイナップルケーキ」など定番の“甘いもの”はもちろんのこと、見た目ファンシー、用途は激渋な「發?」、永遠の名脇役「四果湯」、モッチモチ!? フワフワ!? 空前絶後の口当たり!「涼?」、水飴・イン・クラッカー「麦芽餅」などなど日本人の間ではあまり知名度はないものの、地元っ子たちが昔から愛する甘味がまだまだ存在しているのです。

台湾シリーズで三冊刊行されている。台湾行ったらこれ食べよう!