ゆったり流れる旅時間 ラオスへ

国土の80%が山岳森林という豊かな自然に恵まれ、49もの少数民族が独自の文化を大切にしながらゆったりと暮らしているラオス。メコン川とカン川に挟まれた小さなエリアに80あまりの寺院が集まり、街全体が世界遺産となっている古都ルアンパバーンでは、早朝の僧侶たちの托鉢、活気ある朝市、少数民族による雑貨も揃うナイトマーケットはもちろん、フランスの植民地時代のコロニアル様式の建物も多く、ラグジュアリーなホテルやおしゃれなカフェでゆったり過ごせます。

旅行の計画に役立てたい書籍。ゆったり流れる旅時間 ラオスへ